不倫サイトで不倫相手と出会うコツを伝授します・・・

ある職場であった上司と部下の不倫関係

多くの男性が不倫相手を見つける場所は、やはり職場です。
職場にはストレスがつきもの。
そんなストレスの多い空間だからこそ、癒してくれる女性を求めてしまうのかもしれません。
職場では、仕事を共にこなすことで、人間性が顕著に表れます。
問題が発生した時の対処の仕方、職場の人間に対する気の配り方、そういった一面から男性は自然と気の合う女性を見つけるのでしょう。
そこからは、食事に誘い、二人きりの会話をすることから不倫関係に発展させるパターンが多いようです。
では、職場の不倫関係は本当にバレることなく続けることができるのでしょうか。
残念ながらそれは非情に難しい。
やっぱり、周囲から見ていると分かってしまうものです。
以前よりも親しげな目つきで挨拶をしている、などの一瞬のしぐさで、疑いを持たれます。
また、仕事上の注意の仕方にも変化が表れます。
今まで以上にきつく、悟るように注意をしていたら、もうすでに信頼できる上司から、異性として支配された関係に発展しているのかもしれません。
ある職場ではこのようなことがありました。
既婚者である上司と若い女性の部下が不倫関係に陥りました。
きっかけは、男性からの飲みの誘いでした。
その場で女性は仕事上の悩みを相談し、上司に的確なアドバイスをされることで信頼感を得ました。
そこで携帯メールのアドレスを交換し、毎日のメールのやりとりが始まりました。
二人はこっそりとメールで約束をし、飲みに行くようになり肉体関係に発展したとのことでした。しかし、その不倫関係はすぐに職場の人間に見つかってしまいます。
なんと、職場のそばの駅のホームで手をつないでいるところを目撃されてしまったのです。
一度疑い始めると、気になる行動が目についてきます。
上司がしきりと妻の悪口を職場で漏らし始める。
立ち話をしている時のふたりの距離が妙に近い。
上司と部下であるのに馴れ馴れしい言葉を使って話す時がある。
結局、ふたりは同じ日に休みを取ったことで顰蹙を買い、非難を浴びることになります。
ここで注目したいのが、周囲の人間の反応です。
仕事に支障がなければ、ただの噂のネタにされ、面白がられているだけのことです。
もしくは、心から拒絶されているか。
バレていないはず、と思い込んで不倫をすることは、恥ずかしすぎる行為でしょう。