不倫サイトで不倫相手と出会うコツを伝授します・・・

不倫映画「失楽園」のあらすじ

高視聴率を記録した「失楽園」。
「川島なお美」演じる「松原凛子」は淑女の名にふさわしい、清楚な女性でしたが、「古谷一行」演じる「久木祥一郎」の強引でひたむきなアプローチに、やがて心を動かされ、逢瀬を重ねるようになっていきます。
凛子はこの度重なる逢瀬によっていつの間にか、性の喜びにおぼれ、その深みにおぼれていきます。
同時に二人の気持ちも歯止めが効かないほどに燃え上がり、久木は密かに都内に、凛子と二人だけの愛の巣を築こうと、マンションを借りるようになります。
当然このような大胆な行動は、「国広富之」演じる凛子の夫「松原晴彦」にも、「土朱幸代」演じる久木の妻「久木文枝」にも知られることとなります。
晴彦は興信所を使ってこの不倫を暴き、あえて離婚をしないことで凛子を苦しめようとします。
久木の妻、文枝は離婚の意志を表明しきっぱりと別れを要求しています。
久木の勤める会社に、この不倫の事実が知れ渡るのも時間の問題で、二人の間には世間並みの日常がどんどん失われていきます。
そんな中久木は会社の辞職を決意し、そして妻、文枝とも離婚をします。
凛子も夫、晴彦とも縁を切って久木の元に走っていきます。
そして二人は誰にも告げずに二人で死のうと決意します。
雪深い温泉宿へ向かった二人は、最期の最期まで愛し合い、毒の入ったワインを口に心中します。
次の日発見された心中死体は、局所が結合したまま、愛の絶頂の瞬間の姿でありました。
映画では、「役所広司」演じる久木祥一郎と「黒木瞳」演じる松原凛子の姿で見ることができます。
渡辺淳一の大ヒッ小説「失楽園」を、「森田芳光」監督の下映画化された作品です。
不倫関係の二人が繰り広げるセックスを大胆に、しかし美しく描く映像は、これまでもあった不倫についての物語に新たなページを開き、大成功を収めた作品です。
この映画「失楽園」は、お隣韓国でも公開され大ヒットを記録しました。
分別のある中年二人が不倫愛にのめり込んでいく姿を、説得力ある演技で表現している点に高い評価をえています。