不倫サイトで不倫相手と出会うコツを伝授します・・・

始まりは軽い気持ちでも終わりは重い

離婚は結婚の何倍もエネルギーを要する、とは離婚経験者の口からよく聞くセリフではないでしょうか。
愛し合ったふたりが、様々な決意や希望を胸に幸せな未来を夢見て結婚をする。
多くの夫婦は結婚した時点では、離婚など想像することはできないでしょう。
離婚の原因には、性格の不一致、不倫や浮気、親や親戚との関係性、暴力行為、などが挙げられています。
また、同じ夫婦であっても、男性側と女性側と動機が異なる場合も多いようです。
近年では、夫婦間で話し合い、慰謝料や養育費などの条件を合意して離婚する「協議離婚」が増えています。
一方、夫婦どちらかが離婚やその条件に同意しない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てる「調停離婚」となります。
ここで成立できない場合は裁判へと進むことになります。
では、離婚の原因に多く挙げられる不倫や浮気、そしてそこから発生する慰謝料について、簡単に解説してみたいと思います。
不倫や浮気は法律用語では「不貞行為」と呼ばれます。
民法770条1項1号から、夫婦は相互に貞操義務があります。
つまり配偶者以外の異性との肉体関係を持つことは認められません。
ようするに配偶者が自分以外の異性と密会している、親密に連絡を取り合っている、ということだけでは「不貞行為」とはみなされないのです。
配偶者と自分以外の異性との間の性行為の証拠があれば、離婚や慰謝料をより請求しやすいでしょう。
また、配偶者の浮気相手にも精神的損害賠償である慰謝料を請求できます。
慰謝料は、婚姻生活がどのような状態であったのか、また、配偶者が浮気相手に既婚者であることをどの時点で告げていたのか、消滅時効にかかっていないか、など様々な状況が考慮されて決められます。
支払われない場合もあります。
不倫や浮気のきっかけはどこにあったのか。
始まりは軽い気持ちであったのかもしれません。
小さな気持ちのすれ違いだったのかもしれません。
結婚を決意したときの気持ちを、いつまでも持ち続けることは、とても難しいことなのでしょう。